ピンサロとは

お小遣いに困ったときに女の子の強い味方として役に立つ風俗のアルバイト。
実際さまざまな場所で色んなお仕事が求人を出しており、どのお仕事にしようかと悩んでしまう女の子も居るかと思います。
しかも、風俗のお仕事というのはライトなものやハードなものという種類があり、収入とくらべながらも無理せずに働ける選択肢の多いものです。

とはいえ、ライト過ぎるとお給料は少ないし、かといってお給料の高いものを狙いすぎてしまうと、お仕事がハード過ぎてついていかないということもあるかと思います。
オナクラやエステよりは頑張れそうだけど、ヘルスほどは頑張れないかも。
なのでその間くらいのお仕事あればなあと思っているひとも居るかもしれません。
そんなひとにはピンサロがオススメかもしれません。

ピンサロというのは、正式には ピンクサロンといいます。
風俗でありながら、以外に思うかもしれませんが、じつは 飲食店に分類されます。
なので、男性客には飲み物を最初に提供するという流れもあります。ただ、ゆえに他のお店では常備されているシャワーが無く、男性をおしぼりで拭くので、衛生的には良くはありません。
このお仕事は、格安で短い時間で楽しめるという魅力から男性に人気のお店です。
実際には30分ほどのプレイ時間となります。通常の風俗が60分くらいと考えるととても短い時間で回転していくということになりますね。これはお給料として考えると、回転率がいいということから稼ぎやすいということにもなります。利用値段も他の風俗の半額ほどということから多くの男性が利用している背景からも分かる通り、稼ぎやすいという証明にもなると思います。
店内には簡単に仕切られた小部屋があり、そこのソファーなどに男性客を座らせて、サービスを始めます。簡単に仕切られたと言いましたが、他のお客さんや女の子が見渡せるほど開けており、プレイに集中できないかもしれませんが実際には女の子はソファーの前に座る形となるため、女の子自身は周りが見えず見られずといった形になるので気は散りません。なおかつ周りから見えるという事は何かあっても心配が要らないとも考えられます。
そういった環境の中提供するプレイは、トップレスになっての上半身を触られるという行為と、キス、そしてフェラです。時間が短いためにフェラで終始するということもあります。
フェラメインのため、フェラが苦手なひとだったり、そうじゃなくてもずっと続けていると顎が疲れてきてしまうために、難しいところではありますが逆を返せばそれだけで稼げてしまうということでもあります。
ところで、風俗のお仕事といっても接客業でもあります。エッチがすべてでもありませんので、それ以外の時間というのはどうしてもおしゃべりをすることになります。
しかし、そのおしゃべり自体が苦手だという女の子も居ると思います。この場合、性的サービスよりもおしゃべりの方が苦痛ということもあると思います。
できるのであれば、サービスが終わったらそのままお別れするほうがいいなというのが本音でしょう。そういったひとにもピンサロは向いているお仕事です。最初にも言った通りなにぶん時間が短いために、おしゃべりをしている時間が圧倒的に無いのです。
それでも多少余る時間の会話がツライというひとは、天気の話や、今日は休みなんですか?くらいの日常的な会話をしておけば、あっという間に時間になるので怖くはないですよ。

笑顔の女性

ヘルスの種類

お金に困っている女性にとっては、高収入を稼ぐことのできる風俗店はとても魅力的に感じるのではないでしょうか。
風俗とは言っても、働く地域やサービス内容によっても給料に差があります。

風俗と言えば、女性が裸になりプレイを行うサービス内容をイメージする人が多いとは思いますが、実際には風俗の中でも女性が服を脱ぐサービスの風俗店と女性が服を脱がずに行うサービスの風俗店があります。
お金に困っていて、ガッツリ稼ぎたいという女性には、やはり女性も男性と一緒に服を脱いでプレイをするようなサービス内容の風俗店をオススメします。
風俗店の中で女性が服を脱いでプレイを行う風俗店でも色々な種類の風俗店がありますが、特に男性の利用者も多く稼げるチャンスの多い風俗店が、ヘルス系と呼ばれている風俗店です。ヘルス系の風俗店にはファッションヘルス、ホテルヘルス、デリバリーヘルスの3種類があり、それぞれの種類のヘルスによってサービス内容が異なっています。
これら3種類のことを、それぞれ箱ヘル、ホテヘル、デリヘルと省略をして呼ばれていて、多くの男性から親しまれています。
それぞれにサービス内容が異なっていると言いましたが、この3種類の中でも箱ヘルに関しては、年々減ってきています。
箱ヘルと呼ばれている風俗店では、お店の中にある個室でエッチなプレイを行うので、移動せずにその場でプレイすることができるため、移動が面倒くさいと思うこともなく、とても便利なのですが、箱ヘルはホテヘルやデリヘルに比べると年々減少してきています。
昔は箱ヘルが一番多かったのですが、法律が厳しくなり店舗型風俗店に対する規制が強化されてしまったため、箱ヘルは減ってきています。
店舗型風俗店とは、お店の中でサービスを行う風俗店のことを言い、ホテヘルやデリヘルなどは、無店舗型風俗店と言います。
学校や図書館などから半径200メートル以内に店舗型風俗店を建てることは禁止されています。
そのため、店舗型風俗店をたてる為には、風俗街などの禁止区域以外の場所に建てる必要があります。
しかし、禁止区域以外の場所は多くあるようであまりありません。店舗型風俗店を建てて大丈夫な場所が減ってきている為、箱ヘルは年々減少していると言えるでしょう。
たまに禁止区域内であっても営業をしている店舗型風俗店があります。しかし、店舗型風俗店は法律が改善される前に建てられたものなら営業することを許されています。
ずっと禁止区域内に建て続けられるわけではなく、営業する人が居なくなれば必然的に廃止させられることになります。
個人で営業をしている店舗型風俗店は減っていき、箱ヘルも減ってきているのが現状です。
しかし、先ほども言いましたが、一方でホテヘルやデリヘルは増えてきているのです。
ホテヘルやデリヘルは、無店舗型風俗店なので箱ヘルとは違い、年々増えてきていますし、利用者も多いため、高収入を稼ぐことができます。
利用者が多いと、回転率が上がり、高収入に繋がると考えていいでしょう。
では、ホテヘルとデリヘルではどのような違いがあるのでしょうか。
ヘルス系で働こうと考えている女性にとっては、知っておく必要があるでしょう。
ホテヘルとデリヘルは名前が似ているだけではなく、サービス内容もとても似ています。
お店の近くにあるホテルや自宅に出張してプレイを行います。
ホテヘルは、お客様の受付を行う際には事務所を通します。そのため、男性が受付を済ませる際には、必ず事務所へ足を運ぶ必要があります。女性側は、受付のある事務所に待機をしておくか、周辺の待機場所で待機をしておきます。ホテヘルには、男性が受付を済ませた後そのまま事務所で合流をするところと、ホテルの部屋で合流するところがあります。
何も気にしない女性ならいいのですが、外で男性と歩いている姿を周りに見られたくないと思っている女性は、お店に確認をするようにしましょう。
ホテヘルでは、女性はホテルまで歩いて向かうことになります。風俗街を歩くのに抵抗のある女性は、ホテヘルではなくデリヘルをオススメします。
デリヘルは、ホテヘルとは違い電話での受付のみになります。そのため、男性が受付をするような事務所はありません。女性は待機場所か自宅で待機をすることになります。
デリヘルでは、ホテルだけではなく男性の自宅でもプレイをすることが可能となっています。そのため、男性の自宅へ行くことも十分にあり得ます。
ホテルの場合でも自宅の場合でも、デリヘルでは車で移動することになります。遠くまで移動するのが面倒くさいという女性は、ホテヘルをオススメします。
このように、ホテヘルとデリヘルは違うサービス内容ですが似ています。デリヘルは24時間営業しているので、本気で稼ぎたいと考えている女性や、副業として好きな時間に働きたいと考えている女性はデリヘルがいいかもしれませんね。
どちらも男性の利用者は多いので、十分に稼ぐことはできるでしょう。

しゃがんでいる女性

生活に余裕ができる

皆さんは何故風俗で働こうと考えているのでしょうか。
好きなブランドの新商品や欲しい商品を買いたいと思っているからですか?ホストクラブなどの飲み屋で高級ボトルを卸してみたいからですか?プチ旅行や海外旅行を楽しみたいからですか?お金に困っているからですか?風俗は高収入を稼ぐことのできる仕事が風俗です。

特にヘルス系やソープ等のような女性が男性とともに服を脱いでプレイを行うサービス内容の風俗の仕事は、特に給料が高く設定されています。
一回一回のプレイの給料が高ければ高いほど、もちろん高収入へ繋がっていきますが、その分過激なプレイを行わなければならないことは覚えておきましょう。
過激なプレイを行わなければならないこともあるのが風俗の仕事ですが、風俗の仕事をすれば、普通の仕事で働くよりも確実に稼ぐことができますし、高収入を狙う事も出来るので、自分のやりたいことが何でもできるようになっていきます。
デリヘルやホテヘル等の風俗業は、男性と裸になりながらエッチなプレイをしなければいけないので、苦痛なことも多いかもしれませんが、その分しっかりとお給料に繋がってくれます。
一般的な企業に勤め、毎日朝から晩まで働いて得られる給料よりも多く稼ぐことができますし、一般的な職場でアルバイトとして時給制の仕事をしていたとしても、時間が限られている為貰える金額に上限がありますが、風俗業では貰える金額に上限がありません。
狙えるところまで狙っていけるのが、風俗業という業界です。
本業としても副業としてもしっかり稼いでけるため、どちらにしても自由を手に入れることができると言えるでしょう。
高収入を手に入れることで、好きなブランドの服を購入することができますし、好きな食べ物を好きなだけ食べることができます。
大好きな人のいるホストクラブへ行ってエースと呼ばれる位置になることも可能です。風俗で働けば色々なことができるようになり、今までの我慢をしなくてよくなります。
一般的な職場で仕事をしていれば、給料日まで必ず待たなくてはいけません。
給料日までにお金に困ってしまってもどうすることもできませんし、給料日まで節約生活をしなくてはいけません。
好きに旅行することもできませんし、休んだ分だけ死活問題に繋がってしまうこともあるので、なかなか休みを取ることができない人もいるのではないでしょうか。
風俗で働くと、一回一回の給料が高いので、普通の生活をしていく上で困ることはありません。普通にOLをしている女性よりも確実に稼ぐことができますし、好きなことを好きなだけできるようになります。
自由に好きなことができるようになるので、風俗業はとても魅力的な仕事なのではないでしょうか。
また、風俗で働く際に細かい決まりなどはありません。 固定シフト何週間シフト制などというものはなく、自由にシフトを組むことができます。
自分の入りたい時に入ることができますし、自分の休みたい時に休むことができるので、とても自由に働くことができるようになっています。高収入を稼げても、休みが取れない状況が続いてしまっていたり、働く活力が見出せない状況では意味がありません。
なぜ働いているのか?なぜ高収入を求めているのか?それは、自分の欲求を満たすためなのではないでしょうか。
風俗の中でもシフトの融通や働く場所、時間の融通が利く風俗業が、デリヘルです。デリヘルで働くと、シフトの融通はもちろん、男性利用者が多いので、テンポが速いです。多くの利用者にテンポよくつくことができるので、移動している間に休憩しつつも、ある程度多く回ることが可能になっています。

普通の仕事をしていれば、一日休んだだけでも普段の給料が少ない為、死活問題となりますが、デリヘルなら、普段から多く給料を貰えているため、一日休んでも生活に問題は無いでしょう。
好きな時に働いて好きな時に休んで、欲しいものを好きな時に購入できるのは、とても魅力的なのではないでしょうか。
基本的には自由シフト制である風俗業ですが、風俗業の中でも特にシフトに融通の利く風俗業があります。それが、デリヘルです。
店舗型風俗店やホテヘルは、ホテルと提携していたり、いくつかの理由があるので営業時間が限られています。しかし、デリヘルは電話のみの受付なので店舗を構えていませんし、移動も車でどこへでも向かうことができるので、24時間営業が可能となっています。
そのため、24時間営業のデリヘルは、本業としても副業としても最適に働くことができます。
自由なシフトに加え、24時間営業なので、本業が終わった後の少しの時間をデリヘルで働くことができますし、遊びに行ったあとの帰りに、少しだけ働いて帰ることも可能です。
好きな時や気分がのっている時に入ることができるため、とても便利な仕事となっています。自由なシフトで楽しく遊びながら高収入を稼いでみてはいかがでしょうか。

ヘルス系の仕事内容

風俗の中でも主流ともいえるお仕事である 「ヘルス系」。
ファッションヘルス、デリヘル、ホテヘルという種類があって、それぞれの流れというのはについての説明はべつのページで説明させていただきましたが、ここではそんなヘルス系のお仕事内容について具体的に説明していきたいと思います。

ヘルスという見出し事態は風俗にくわしくなくても何度か目にしたことがあるという女の子も多いのではないでしょうか?風俗ではヘルスやソープといった単語がとくに知られているものではないかと思います。
これは、それだけ有名であり多くの男性が利用していて需要があるということでもあります。
需要があるということは、単純な話、女の子にとって稼ぎやすいという話でもあります。
つまり、これらは狙い目の求人ということです。
ここではヘルスについてお話していきますので、興味のある女の子は要チェックですよ。
そもそも風俗でヘルスと聞くとイマイチ内容がピンとこないひとも居るのではと思います。
本来ヘルスというのは、健康についてのことでもありますが、ここではファッションヘルスのことを指します。
もちろん風俗ですので、健康になりに行くお店ではありません。
ほかでも軽く触れましたが、ヘルスは店舗型の風俗であり、オールヌードになって男性に性的サービスをします。
キスはもちろん全身リップといって男性の全身を舐めるというものがあります。
ほかにもフェラをしたりして男性にご奉仕をします。
ライトな風俗ではあまり受けが無かったとは思いますが、ヘルス系では本格的な受けもあります。男性から身体を触られるというのはもちろんですが、キスからクンニもあれば、膣内への指入れというのもあります。
シックスナインなど刺激的なものも基本プレイとして行います。
ただし、本番行為は、ヘルスでは禁止されているので、そういったプレイはありません。
こういったプレイ内容の性的サービスがヘルス系なのですが、デリヘルとホテヘルでは内容こそ同じものの、この現場がそれぞれ男性の自宅やホテルということになります。
規制などによって転身するお店のあるのは確かですが、ファッションヘルスは店内でのプレイとなるため、すぐ横の部屋のお客さんや女の子が気になってプレイに集中できないという声もありました。
そんな声に応える形でデリヘルやホテヘルが派生して人気が出てきているという側面も実はあります。
これは、男性の気持ち云々ももちろんですが、女の子にとっても大きな環境の変化です。
店舗内で回りが気になるというのは他人ごとではありませんよね。実際に覗かれているわけではないのですが、なんとも気になってしまうというのは、どうしてもあることだと思います。
デリヘルですと、毎回男性の自宅やホテルですので、まるで男友達の家にでも遊びに行っているように働けるというのがメリットのひとつです。

しかし、移動こそスタッフさんがしてくれるとはいえ、男性の場所が遠い場合その分回転が悪くなるというデメリットもあります。
この時間があればもう一人くらい相手できたなと思う事もあるかもしれません。
しかし、デリヘルは人気の求人となっています。回転悪いのになぜかと思いますよね。じつはデリヘルにはデリヘルならではの形態から、それでもけして稼ぐのに悪くない理由というのが存在します。それは無店舗型であることです。
無店舗型であるために経営側はお店の維持費というものが掛かって来ません。
その浮いた分というのが還元率に大きくかかわってきており、早い話が単価が他の風俗よりも多いのです。
そういった意味で、たとえ回転率が悪くても、還元率の高さから十分に稼げてしまうのです。
また、無店舗がゆえに待機場所が風俗街に置かなくてはいけない理由もありません。
一般的な企業があるような場所だったり普通の住宅のなかだったりするケースがほとんどなので、かりに出勤途中などに知り合いに会ったとしても問題なく対処することが可能です。
デメリットといえば、男性の自宅の場合部屋が散らかっている男性もいるため、それが気になってしまってお仕事に集中できないという声もあります。
同じく気になってしまうという女の子にすれば、覚悟も必要な部分かもしれませんね。
ただ、そういった男性はたしかに居ますが、近年デリヘル嬢を呼ぶ際へのマナーというのが強まっている 傾向があります。
お店の呼びかけや口コミサイトなどでの男性やデリヘル嬢のつぶやきが注目されているからです。
なので、かたずけて掃除してからデリヘルを利用しようという認識をする男性が増えて来ているので、思っているほど問題にはならないかもしれません。
もうひとつ気になるのは、男性の自宅へ行くという部分において、知り合いの家だったらどうしようと思ったひともいるのではないでしょうか?
お仕事と送迎される際どこどこと地名を聞いていた時点から不安だったものの、だんだん見覚えのある風景…知っている道、ついて見れば知り合いの家。
まさか知り合いの前にデリヘル嬢として姿を出すこともできませんよね。
これはたしかに恐ろしい事態です。
でも心配ありません。デリヘルではそういった事態をあらかじめ防ぐために、NGの地域というのを報告しておくことができます。
こうすることで知り合いとの鉢合わせを防ぐことができます。ただ、もちろんNGの地域が増えていますと、その分派遣される地域が絞られてしまい、男性客の対応も限られてくるということなので、お仕事の数も減ってしまいます。
多用するのも正直難しいところでもありますね。 ホテヘルというのは男性客とラブホに行って性的サービスを行うものなのですが、デリヘルで気になるポイントである回転率が悪いというのは、こちらではありません。
なにぶんお店がラブホ街の近くにあるので、通ったとしても数分のロスで済むところがほとんどです。
なので、回転率は高く稼ぎやすいというメリットがあります。
もちろんデリヘルにある無店舗がゆえの還元率の良さというのは、ホテヘルでは事務所を構えているためにありません。
その辺のバランスもお店ごとに比べながら見ていく求人の際のポイントとなるでしょう。
また、ラブホに行くということから、部屋が散らかっているという事態に遭遇もしません。
いつも清潔でムードのある部屋でお仕事をすることができますよ。
ラブホも連携しているところはひとつではなく、何種類かのラブホに行けるので、そういった意味でも楽しむことができます。
とはいえ、長く続けていると場所にもなれてしまって同じ環境を行ったり来たりという感覚にならないとも限りませんから、とういう意味ではリピーターにあたらない限り同じ場所でのお仕事はあり得ないデリヘルほど新鮮な気持ちで続けていくということは少ないかもしれません。
デメリットとしては、お店がどうしてもラブホ街の近隣に構えないといけないために、出勤はどうしてもラブホ街へと足を運ばないといけないということでしょうか。
知人と出会ってしまうと困りますよね。とはいえ、お店の入り口というのは男性のそれとは別になっているのでいかにもホテヘル嬢ですという感じにはなることはありません。
ここでデリヘル同様気になるのが知り合いがお客さんになってしまった場合のことです。
ホテヘルでは、店先で待ち合わせて一緒に行くのでそこで鉢合わせてしまうことになります。
しかし、ちゃんとしたお店であれば受付にカメラがあり、それを見てNGにするかどうかという判断をつけることができます。
これならかりに知り合いがお店に来ても働いていることがバレることはありませんよね。
さて、そんなヘルス系のお仕事ですが、それぞれの場所で行う基本プレイについては先述した通りですが、あれはあくまでも基本です。
風俗にはオプションというものが存在します。男性客はこのサービスを利用することで、自分好みの演出をしたり、マニアックな性癖を堪能したりとプレイの幅を広げることが可能となっています。
オプションというのは本当にさまざまなものがあります。
単純に基本プレイでは実現できなかったような濃いプレイがサービスとなったり、道具を使ったプレイをしたり、というものになります。
だいたい日常的に女の子にやってみたかったけど、今のパートナーには頼めないといったひとが風俗で楽しみに来るといったものが多いです。
ただ別料金となるためにすべての男性が使って来るかというとそうでもありませんが、使うひとは使って来ます。
それもいくつかあるオプションを重ねて使ってくる男性も多いです。
その分サービスもハードになりますが、このオプションによる金額と言うのは女の子のお給料にも影響します。
男性客がオプションを使えば使うほど女の子のお給料は増えるんです。
つまり、「この女の子とあんなことやこんなことをもっとやってみたい!」と男性客に思わすことができれば、まるもうけということになります。
それではそんなオプションというのはどういったものがあるのか?その内容について説明して行きましょう。
まず「パンスト破り」というものがあります。
女の子はストッキングをはき、それを男性が破るというものですが、AVなどで見るようなすこし乱暴なこうった行為こそが男性を興奮させるようで、人気のオプションです。
こういったAVの影響かと思われるようなプレイというのは種類が多く、人気が高めになっています。
「聖水」や「ごっくん」といったものもそれらになるでしょう。
ごっくんはわかるひともいるかと思います。男性の射精を口で受け、そのまま飲んでしまうというプレイです。
女の子にとっては苦かったりまずかったりとたいへんな行為ですが、男性にすれば支配欲が満たされるとよく頼むひとが居ます。
聖水というのは、まずなんのことかわからないというひともいると思います。
エッチにおいて聖水というのは、要するにおしっこのことです。男性のなかには女の子がおしっこをするところを見てみたいというひとも居ます。体調もあり調整が難しいですが、対応できればリピーターとして獲得できるほど喜んでもらえるプレイです。
「即尺」というのもあります。これはデリヘル嬢が部屋に入ったと同時に男性の服を脱がせてそのままフェラをするというもの。
性器を洗ってない状態からのプレイとなりますので、抵抗のある女の子も多いと思います。オプションの中でもわりと注文の多いものなので、頑張れば稼げる手立てのひとつとなり得ます。
AVでよく見るといえば、「顔面発射」です。
男性がフィニッシュの際に女の子の顏に向けて射精するというプレイです。
髪の毛など心配になりますが、こういった行為も男性の支配欲が満たされるため、要望が多いオプションでもあります。
「オナニー鑑賞」というのを注文されることもありますし、「パンティお持ち帰り」と、はいているパンティを持って帰りたいというひともいます。
これらもオプションになります。ちょっと恥ずかしいものばかりですが、プレイが始まってしまえば、案外平気でできたりします。

そして、道具を使ったプレイとして「バイブやローター、電マ」といったものを使ったプレイもあります。
こういった道具でのプレイの方が良いという女の子も多くいます。
男性ではテクニックに自信の無い方や早漏の方なんかが利用するのは多いようです。
バイブなどを知らないという女の子は居ないとは思いますが、念のために説明をしておきましょう。
理解をしておいたほうが、何をされるのかがわかって不安もなくなりますからね。
バイブは男性器のの形をしたおもちゃで女の子の膣内に入れて振動させます。
中にはクリトリスやアナルも同時にせめるというものもあります。
ローターはこぶりなおもちゃで、小刻みに振動させて性感帯にあてて楽しむものです。
電マは電気マッサージの略であり、大人のおもちゃというわけではないのですが、バイブやローターよりも大きな振動と刺激を与えるので大人のおもちゃとして使われている道具です。
そして、オプションの中でももっとも値段が高いものとしてあるのがアナルファック、通称「AF」です。
これは、男性器を女の子の肛門へと挿入するプレイです。
本番行為が禁止されているヘルスにとって唯一挿入感が味わえる行為ということで、男性にとっては人気のプレイです。
M系の色が強いお店なんかだと、女の子が男性器の代わりとしてペニスバンドを装着して、男性の肛門へと挿入する逆AFなどのプレイがあります。
また、コスプレというものもあります。
こういったプレイというものは雰囲気やイメージを変えてしまうので、人気があるというのもありますが、女の子としても楽しんでできるので男女ともに人気があります。
このような衣装というのは、だいたい安っぽさがあったりもしますが、専門店などでは本格的なものを用意されていたりします。
最近ではアニメやゲームのコスプレというのが流行って来ていて、そういったものが好きな女の子なら楽しんでプレイができるでしょう。
こういったオプションというのは、先述した通り通常の料金とは別にお金が必要になるので、男性によって使うひとと使わないひとというのは、はっきり分かれます。
しかし、女の子にしてみれば、オプションを使ってもらった方がお得ではあります。
ですが、これはできないというようなものもあるかと思います。
男性客に注文をされたらお仕事ですし絶対にしないといけないのかというわけでもなく、NGとすることもできます。あらかじめお仕事をはじめる際にお店から何ができてなにができないかを聞かれますので、そのときに設定しておくと良いでしょう。
そうすれば、男性からせがまれるということがありません。
オプションはそもそも受けつけのタイミングでお願いされるので、男性客は可能かどうかの女の子を頼みます。
なので、プレイ時にはできる娘かできない娘かというのは理解したうえで会っているはずなので、安心してお仕事ができますね。
ところでこのオプションでは、物を使ったプレイでないものに関しては、通常プレイの流れでついついやってしまいそうになるものもありますよね。
オナニー干渉や即尺など、知らずに求められるということもあるかと思います。
流れでやってしまうとせっかくの稼げるポイントを逃してしまうことにもなるので、女の子がしっかりと把握してそれ以上はオプションになるという線引きをしておきましょう。
なかには知らないふりをしてできればラッキーという男性客も居ますので、注意しましょう。
このお給料への繁栄が大きいというメリットのあるオプション。
使ってもらうにはどうしたらいいのでしょうか?男性の気分に任せていては稼げませんので、こっちから上手に誘導してあげることが必要です。
とはいえ、オプション使ってほしいとダイレクトに言ってしまうと、逆に引いてしまって頑なにお財布のひもを緩めなくなってしまいます。
うまく誘導すること、それは男性の興味をそそることにほかありません。
例えば、「わたし、はげしくアソコを責められ続けるとすぐイッちゃうから」なんてことを伝えておけばいいでしょう。
とくに男性にアソコを責められたあとに、もっとされるとやばいなんて言えば男性は、じゃあバイブなんかだと良いかもしれないな。という風に考えます。
あくまでも男性の意思決定でないとその気にはならないので、間接的に興味を持たせるのがベストです。
さて、このようなプレイがサービス内容としてあるのですが、じつはヘルス系のお仕事というのはこれだけでもないのです。
性的サービスに抵抗のある女の子なんかだと、これ以上どんなサービスが求められるのだと心配になるかもしれませんが、それはちょっと意外なサービスなのです。
そもそも風俗というのは、男性のエッチがしたいという欲望に応える形で生まれました。
なので、当然ながらエッチがしたい男性が利用します。
しかし、男性というのはいつでも誰も常に女の子に求めるのはエッチなことであるかといえばそうではありません。
女の子がそうであるように、男性だってただ一緒に居たいとか、遊んで居たいという欲望だってあるのです。
そういったプラトニックな欲望というのは、どういったところで発散させればいいのでしょうか?風俗以外に思い浮かびませんが、風俗というのはあくまでも性的サービスを提供する場所です。
しかし、近年そういった男性の欲望にも応えていこうという動きが風俗業界にはあります。
そこでヘルス系が推している遊び方として「疑似恋愛」というものがあるのです。
疑似恋愛。そう、じつはヘルス系というのは、とくにデリヘルとホテヘルというのは、自宅なりホテルに行って性的サービスを行うというものではありますが、特に決まりがありません。
もちろんどこまでできてどこまでできないというルールはありますが、たとえるならばマッサージ系のお店のようにマッサージをしないといけないということはありません。エッチはするにしても、どういった感じで楽しむのかというのは自由です。
なので部屋でくっついてお話をするのも良いですし、お風呂でイチャイチャするというのも良いのです。
そしてそこで注目したいのは、そんな空間というのはまるで恋人同士のようであるということ。
部屋でイチャイチャできるというのは恋人以外では、こういったヘルス系のほかにはありません。
これこそが疑似恋愛たる理由なのです。エッチがすべてではありません。実際には余った時間というのも出てきます。そういった時は部屋の小物について男性の話を聞いてみたり、一緒にテレビやゲームをしてみるというのもいいでしょう。

男性の中にもエッチではなくイチャイチャがしたいというひとがいるために、そういった空間を一緒に楽しんでくれます。
また、こういった空間を家デートというのであれば、外デートというのもあります。
それはデリヘルの「待ち合わせ型」などがそうでしょう。

この待ち合わせというのは、本来であれば自宅やホテルへ直接行くところを、街中で男性と待ち合わせてから行くというもの。
外からしばし歩いて部屋に招くというのは外デートとして男性に人気のスタイルです。
ホテヘルでもお店からラブホに入る際などがそれにあたります。
こういった時間というのは、女の子にとっても嬉しい要素が満載です。
いきなり男性の要る部屋に行くというのはちょっと抵抗もありますよね。緊張もしてしまいます。
ですが、外で会うというのはそういったことが和らげられます。安心してスタートを切ることができるのです。
この 待ち合わせ型ですが、男性にとってはメリットでも女の子にとってはデメリットとなるかもしれないポイントもあります。

じつはこの時間というのはプレイ時間には入っていません。通常であれば部屋に入ったと同時にスタートをして、まずは少しお話をして距離を詰めてからサービスを始めますが、待ち合わせ型では部屋に入る前のプレイ時間にならない時間で会話の時間が終わってしまい、プレイ時間のスタートと同時にサービスが始まるということもあります。長めのプレイになってしまうので、女の子によっては体力的にも負担になるということもあるかもしれません。
とはいえ、純粋に男性との時間を楽しむということに関しては女の子にとってもメリットになるという考え方もできます。
そして、こういったプラトニックな楽しみ方としては、プランとして提供しているお店もあります。 「デートプラン」といったものがそうですね。
実際に男性客と街に出てお食事をしたりショッピングをしたりすることがお仕事になるのです。
こういったサービスではあまり親しくない男性と遊びに行くということもあり、ちょっと緊張するかもしれませんが、恥ずかしがっていてはいけません。
良い意味で馴れ馴れしく男性に絡んで、誰が見ても恋人同士という雰囲気を作ることが大切です。
案外に男性の方が他人行儀になってしまっているということが多いので、積極的に接してあげましょう。
街を歩いていると、こういったデートをしている人たちなのかな?という男女を見かけることもありますが、どちらかがぎこちないとやはり浮いて見えてしまいます。
それに男性というのは、女の子と居る時は周りの目というのを意識するというひとが多いです。
デートプランを利用しているときというのは、綺麗な女の子連れてるのうらやましいだろうというような感覚で居る人もいます。
しかし、これがぎこちなさなどで破たんしてしまうとただの滑稽な姿にしか映らなくなり、男性は途端に面白くなくなってしまいます。こういった男性のプライドを守ってあげるというのも、デートプランを成功させる秘訣といえます。
こういったデートプランは、あくまでもデートの提供となり、そこには通常のサービスは含まれません。
ですが、男性は通常のサービスも視野に入れて利用することも可能となっていますので、デートの最後には性的サービスをするという流れもありますよ。
さて、ここまでヘルス系のお仕事について説明してきましたが、ここからは指名の取り方について具体的に説明して行きたいと思います。
風俗というのはお客さんの数でお給料が決まります。ですので、まずは自身が多くの男性客に受ける女の子で居ることが大切なのです。
まず紹介したいのは、男性客の名前を覚えることです。
風俗に来店するお客さんの中には、恋愛に奥手で優しく女の子に接してもらう機会が少ないという男性も居ます。
なので、お客さんの名前を覚えておいて、またお店で会った時によんであげましょう。些細なことに思うかもしれませんが、こういったことの積み重ねで起きお客さんは増えて来るのです。
ヘルス系は稼げます。しっかり働き方やコツを理解して無理せずに高収入を目指しましょう!

風俗業界は、どの仕事よりも高収入を稼ぐことができる仕事として、とても有名です。
お金が欲しい女性が高収入を得る仕事として真っ先に思いつく仕事が、風俗なのではないでしょうか。
ただ、風俗で働きたいと考えている女性の多くは、風俗業界の細かいサービス内容や給料形態を知っている女性は少ないでしょう。
一度経験したことのある女性であっても、風俗業界の色々なサービス内容を知っている女性は少ないです。
風俗で働きたいと考え、色々な風俗の求人を探してみても、細かい給料が書かれているところはありません。
大体が、日給もしくは月給でどのくらい稼げるのかを記載しているところがほとんどです。
なぜなら、人によって稼いでいる額が全然違っているからです。
そもそも風俗での給料形態がどのようになっているのかを知らない未経験者は、日給や月給が高く表示されている風俗店を選んでしまいがちですが、人にはそれぞれ向き不向きの仕事があります。
サービス内容や稼ぎ方が全然違っていたりするので、風俗業界で稼いでいこうと考えている女性は、まずは風俗業界の基本的な給料システムを理解しておく必要があります。
まず、どの風俗であっても給料形態の基本はどの風俗業界でも同じです。
過激なプレイをする風俗業も、軽いプレイをする風俗業でも給料形態は変わりません。
風俗業界の給料形態を知っておくことは、良いお店を選ぶことのできる基準となるので、高収入を稼いでいくことができるでしょう。
風俗で働きたいと考えている女性なら知っているとは思いますが、風俗業界では時給というものはありません。
完全歩合制となっています。そのため、風俗業界で稼いでいくためには、仕事をこなしていくしかありません。

完全歩合制なので、不安定になりそうと不安を抱く人もいるかもしれませんが、初心者や未経験者のほうが風俗業界ではある程度稼げるので、問題はないでしょう。

風俗業界で稼ぐためには、どれだけ多くの時間お客様につくことができるのか、ということが挙げられます。
完全歩合制なので、もちろんお客様の相手をせずに待機ばかりの日は、給料は少ないです。
それを踏まえたうえで、給料形態がどのようになっているのかを詳しく知っていきましょう。
風俗業界での給料は全てお客様の支払った金額の半額もしくは、60%をバックとして貰うことができるようになっています。バックの量はお店によっても少し違っているので、働く際には確認を取るようにしましょう。
風俗で働いたことのない女性からすると、いまいちピンとこないかもしれませんが、風俗業界では、お客様は全員時間制でコースが決められています。
60分コース120分コースのようにコースが分けられており、コースによって料金が違っています。
当然、お客様が支払った料金の半額分は担当をした貴女の給料に反映される仕組みになっているので、長時間コースを担当すればするほど、給料は高くなるシステムとなっています。

そこに、担当のお客様が指名をしてくれたり、オプションを付けてくれることで更に高収入を手に入れることができるようになっています。
指名はお客様が指名料を支払うので、支払った金額の全額もしくは、80%ほどをバックとして貰えるようになっています。
オプションも同じです。オプションを付けるごとにお客様が支払う金額が高くなるので、お客様が支払った金額の全額を貰えるお店もあれば、半額貰えるところもあります。
バックに関しては、お店によって貰える金額が少しずつ違っているので、確認することをオススメします。
このように、風俗業界での給料形態は男性の支払う料金によって違っています。
そのため、お店によってお客様が支払う料金設定が違っているので、お店によって貰える給料に違いもあるのだと言えるのです。
風俗で初めて働こうと考えている女性は、求人サイトに記載されている料金のみを見て判断してしまうので、勿体ないお店の選び方をしている人も多いです。
そのお店の料金システムを知って、自分が一度のどのくらい貰えそうなのかを予測し、お店を選んでいく必要があるのではないでしょうか。
ここまで見ていると、お客様が支払う料金システムが高く設定されているお店で働く方が高収入を手に入れることができると思うかもしれませんが、そこに大きな落とし穴があるのだという事を覚えておきましょう。
ここで少し話を変えていきますが、風俗には色々なサービス内容の風俗店があります。女性が男性に尽くさなければならない内容が過激なものもあれば、ソフトなものも当然あります。風俗業が初心者の多くの女性は、なるべくサービス内容がソフトな風俗店を選びがちですが、風俗では初心者・未経験者・若い女性は、ブランド品と言っても過言ではありません。
風俗で一番誰でも稼げる期間は、最初です。風俗の経験の浅い時期が一番稼げてしまうのが、風俗業界です。
そのため、本気で高収入を狙いたいと思っている女性は、ソフトな風俗業界ではなく、尽くす内容が過激な風俗業界を選ぶ方が確実に稼ぐことができるようになっています。
過激なサービス内容の風俗業界は、何種類か種類があります。
いくつかある中で、特に多くの男性が利用していて、有名な風俗店はヘルス系かソープ系でしょう。
男性でさえも違いを分かっていない人は多いですが、風俗未経験者の女性も分かっていない女性は多いのではないでしょうか。
ヘルス系とソープの違いで一番大きいところは、やはりお客様が支払う金額なのではないでしょうか。デリヘルが60分コース15000円前後だとすると、ソープでは90分30000円前後の料金を支払って利用することになります。
料金がここまで違っている理由には、プレイ内容の違いが挙げられます。ヘルス系に比べるとソープの方が過激なプレイ内容となっています。

ソープは、風俗の中で最も過激なプレイのサービス内容としても広く知れ渡っています。
なので、ヘルス系よりもソープの方がサービス内容が充実し、レベルが高いことからヘルス系よりもソープのほうが料金が高く設定されていると言えるでしょう。
この記事の最初に言いましたが、風俗業界ではお客様一人一人の単価によって貰える給料が決まります。
そのため、ヘルス系よりもソープのほうが貰える金額が高くなるという原理が分かっていただけるのではないでしょうか。
このように、一度に稼ぐことができる金額が一番高く、最も高収入を稼げる仕事として、風俗業界の中でも人気のある仕事が、ソープです。
本気で高収入を稼ぎたいと思っているのなら、ソープで働くことをオススメします。
しかし、ヘルス系よりもソープの方が1人1人の単価が高いので一度の稼ぎが多いのはたしかですが、先ほど書いたとおり、ソープは基本的にコースが長く設定されています。
そのため、ソープで働くためには、体力の消耗が激しいです。
ソープは店舗型風俗店なので、移動時間もありません。
そのため、時間ロスがないものの、お客様に付く機会が続くと、体力的にはきつくなってしまうこともあり得ます。
体力に自信のない女性や一本一歩の間に休憩をはさみたいという女性は、デリヘルやホテヘルのような移動もある風俗業で働く方が続けやすいかもしれません。
とは言ったものの、ソープは風俗業界の中でも断トツで稼ぐことのできる風俗店です。
ソープは、男性なら誰もが知っているような風俗店です。
特に、吉原などの歴史あるソープ街は今でもとても人気が高く、男性なら一度は経験してみたい風俗店として、とても有名です。
ソープは、昔からの根強いファンが多いですが、一方でソープの店舗自体は減少してきている傾向にあります。
そのため、ソープ店はとても貴重で集客率は安定しています。
店舗型風俗店のため、移動時間などのロスタイムもなく、給料も高いので自然と高収入を稼ぐことができる仕組みとなっているのでしょう。
短時間でガッツリ高収入を稼ぎたいという女性には、とてもオススメな風俗業となっております。
とは言ったものの、ソープのことをあまり知らない女性がほとんどなのではないでしょうか。私たちは、働く側でもちろん利用するわけありませんし、ソープがどのようなところでどんなことをするのか知らない女性がほとんどでしょう。 ソープとは、ソープランドの略語であり、個室特殊浴場や泡の国などと呼ばれていることもあります。その名の通り、豪華な浴槽とベッドのある個室でプレイをすることができるのが、ソープです。お風呂屋さんと言われているくらい親しみのある風俗店だともいるでしょう。 ソープは、全国各地にありますが、地域によって働くことができる年齢が違っています。
法律的には高校を卒業している18歳以上の女性ならソープで働くことができますが、20歳から働くことができるような規定のあるソープ店もいくつかあります。
ソープで有名な土地である、吉原などは、20歳以上から働けます。
地域によって、細かい条例があったりします。
そのため、同じ地域内で20歳以上のところが多い中で、18歳や19歳が働いているところがあれば、危ないお店なのかもしれないので、違うお店で働くようにしましょう。

ソープで働くためには、必ず身分証明証が必要になります。
本籍地記載の住民票や顔つき身分証などの確実に身元の分かるものではければ、受け付けられません。
身分証が無ければ、ソープで働くことは難しいでしょう。
身分証確認がゆるいお店は、働く側にとっては嬉しい事かもしれませんが、保険証や免許証などの軽い身分証だけで済むようなソープ店で働くのは大変危険です。
偽って働いていることがあれば、摘発されて後々自分が苦労をすることになるので、身分証明の確認をしっかり行っているお店を選ぶようにしましょう。
身分証の確認が取れ、実際にソープで働く際にどのようなことをするのかは、風俗の仕事を探すうえで、とても気になるでしょう。
お店によってもプレイ内容が違っていることもありますが、基本的にソープで行うサービス内容はこんな感じです。
まずは受付を済ませた男性と合流します。階段の前やエレベーターの前でお客様を迎えるところがほとんどでしょう。
ソープでは、入浴がメインとなるので、お客様と一緒にお風呂へ入ります、お客様の全身を洗います。お客様の全身を洗う際には、泡をたくさん使い、お客様を興奮させてあげましょう。
風俗店なので、ただ入浴を供にするだけではありません。
気持ちよくさせてあげることが、風俗業の仕事です。ただ全身を洗うだけでは、お客様は満足しません。
ソープの特徴ともいえる、スケベ椅子というものに、お客様を座らせます。
女の子は、ローションなどの液体を利用し、お客様と密着しながらお客様を興奮させつつ全身を洗ってあげましょう。
スケベ椅子とは、ソープにある独特な椅子のことを言います。
ペニスとお尻の下に空間ができるような形の椅子になっており、細かい部分まで洗えるようになっています。
スケベ椅子の他にも、くぐり椅子やピンクチェアなどの特殊な椅子があるのが、ソープの特徴であり、醍醐味でもあります。
色々な風俗店の中で、ソープにしかないプレイ内容にマットプレイというものがあります。
マットプレイは、色んな技があり、女性によって全然テクニックが違っているので、磨いていくといいかもしれません。
マットプレイで代表的なプレイが、泡踊りというものです。
お客様と女の子が密着をして、泡やローションなどを使って擦り合わせながらエッチな気分を楽しむプレイです。
どの女性でもできるようなプレイなので、難しそうと思う必要はありません。
マットプレイは他にも、お客様の首筋から足の隅々をキスしたり、舐めたりするようなプレイのことを体吸いと言います。
全身を覆いつくしてくれるという気持ちが入り、男性は丁寧に隅々まで吸ってあげるほど喜びます。
お客様の太ももの裏に座って、足の裏で胸を押し当ててることで、気持ちよくさせるプレイのことを、あめんぼうと言います。
お互いの性器をこすり合わせる松葉崩しや、色々な性感帯を刺激するようなプレイや、うつ伏せのお客様のお尻と腰を抱えて、女の子はお客様の足から自分の足を入れて体育座りをします。
その後、ペニスと玉を刺激させることで、快感を与えます。
男性はアナルを刺激されても興奮します。
そのため、顔を近づけ衣類の上から舐めてあげたりするだけでも興奮します。このほかにも、マットプレイはたくさんあります。

黒い服の女性